養鰻を始めるにおいて基礎的である最低限の知識

濾材・ろ過・水質について・・・

「ろ材」「濾過槽しくみ」「バクテリア」「水質」

私達の特殊養鰻業には大切な事の一つ生物ろ過
研究室の水槽のような閉じた水でウナギを飼育すると餌の食べ残しやフンなどで水が汚れていき、ウナギを育てられない環境になりどんなに水が透明で見た目は問題なくとも、ウナギにとっては最悪の環境になっていることも多々有りそのため、高密度の養殖ではコストを抑える為に水換えの頻度を出来る限り減らし水が汚れにくく、ウナギにとって育ちやすい環境を作る働きを水槽内で作る必要がある この環境を作ることを水を作ると言う 属に言う観賞魚でよく言う「立ち上げる」と言う事。
まず、その環境を作るには「ろ過」について知る必要があり。水を綺麗にするために、濾過槽が必要で濾過装置も沈殿槽ポンプ層 ウールマット(わた層)がある。
ウナギの様子を観察する為には水槽の全面はきれいにしておく必要性があるが餌箱は綺麗にすると入らなくなるので注意が必要である。

 

物理ろ過

水中のフンや残り餌・ゴミを、網ですくう・スポイドで摂る又はウールマットでゴミをとり除くろ過方法で目に見える程度の大きいゴミを取るのが物理ろ過

化学ろ過

水の濁り、黄ばみが発生する原因となっている物質を吸着・分解する為のヤシガラ(活性)炭やゼオライトなど濾過槽に入れることで水をろ過するのが化学ろ過

生物ろ過

濾過槽内のバクテリアを存在させる場所(ろ材)を入れ定着したバクテリア(好気性バクテリア)の働きによって水の不純物や有機物、有害物質を取り除く生物ろ過

3つのろ過方法での最も重要なのは生物ろ過で「生物ろ過」をうまく機能させることが大切な作業である。生物ろ過にも細かくは色々あるが、養殖で大切な事はアンモニアなどの有害物質を無害化されるろ過の仕組みが出来上がっているかどうかで水槽内で糞や、餌の食べ残し、などから有害物質(アンモニア)が発生するそのなかでも死骸の放置は最悪である。この死骸の放置は解らない所に潜り込んで死ぬ場合があるので余程管理をしなければ病気の発生原因となり命取りになる。水槽内での死骸や残り餌の放置は養殖を営む者として論外で養殖業には適さないので直ぐに辞めさせる方が良い
アンモニアは強力な毒性を持つ為水槽内に溜まってくると、ウナギが生きられない環境となる。よって常時濃度を上げない為にも温度調整による新水が入ることにより解消している。
新水と言っても変え過ぎはバクテリアが育たない為生物ろ過が行えず歩留まりにかなり影響する。アンモニアを無害化する働きは、複数種類のバクテリアが存在しこの働きを硝化(しょうか)と言う。具体的には以下の様な流れでウナギがする糞や餌の食べ残しなどからアンモニアという強力な毒素が発生しアンモニアを「ニトロソモナス」というバクテリアが「亜硝酸」というより毒素の弱い物質に変え 亜硝酸を「ニトロスピラ」というバクテリアが「硝酸塩」という毒素の低い物質に変える 硝酸が多いと苔の原因になるため、水換え「温度管理によるかけ流し」によって水槽外へ排出「アンモニア」→「亜硝酸」→「硝酸」の流れで無害なものに変える。水槽内の毒素分解をバクテリアに任せることで水換えの頻度を減らすことができコストを抑えれる。
養殖の水が出来ているかの判断はこの硝化が行われているかどうかでアンモニア、亜硝酸、硝酸の濃度を測定し、それらの変化で水が出来たか判断をする。但しこの作業は養殖を始める第一歩で有り一度出来上がればその養殖場では必要は無く出来ている養殖場のろ過綿(ウールマット)の入れ替えで可能である。

 

水槽内のバクテリアは大きく2種類に分類でき
好気性バクテリアと嫌気性バクテリアである。

好気性バクテリア、嫌気性バクテリアについて

好気性バクテリアは濾過槽内の濾材又はウールマット(わた&スポンジ)に存在する水を綺麗にするバクテリアである。ウナギが糞などの排泄物を出す事によりアンモニアが発生(アンモニアは毒素が高く濃度が高いとウナギは死ぬ)これを好気生バクテリアが亜硝酸に分解する。亜硝酸も毒素が高いがアンモニアより毒性は弱いこの亜硝酸を分解するのが好気生バクテリアで硝酸塩に分解する。硝酸塩は比較的無害でウナギには安全な状態な水を保てるがこれも濃度が高くなりすぎるとウナギには危険な為水替えにて濃度を薄めると言う流れである。これは研究室などかけ流しが出来ない環境であり養殖場に関しては温度調整による自動での水の入れ替えが出来ている為省けている。硝酸塩に色も臭いも殆どないので濃度が高いか分かりにくい為ある程度落ち着いた時から週に一度少しの水を替えるがベストと言う事である。流れは排泄物(アンモニア)→分解(亜硝酸)→分解(硝酸塩)→排出(水替え・かけ流しの場合は必要なし)好気生バクテリアが分解する。硝酸塩は好気性バクテリアは分解せず硝酸塩を分解するのが嫌気性バクテリアとなる。嫌気性バクテリアは硝酸塩を窒素に変えて放出させるが一つの濾過槽で共存させるのは難しいく嫌気性バクテリアは好気性バクテリアの繁殖活動の妨げになる事があるので嫌気性バクテリアは必要ないと考えて良い   好気生バクテリア「溶存酸素の高い環境で存在し酸素をエネルギーとし硝酸塩までの流れをつくる役目をする」この為に濾過槽にエアレーションを入れるなど濾過槽内の溶存酸素も出来るだけ上げておく事も必要とする。 嫌気性バクテリア「溶存酸素の低い環境で存在しあまり酸素を必要としない・酸素が有っても生きられるが少ない場所でないと増殖しない」
養殖を始めた無知な時に高価なバクテリアなどを藁にも縋る思いで購入したが何の役目も立たなかった事を思い出す・・・熱帯魚屋の使っている汚れに汚れたウール(ワタ)を万札を払って買うのが一番早いと気が付いたのは数年後で有った。このバクテリアを製造する為の亀も現在研究室で生存している。

 

水質を判断する項目

計測できる項目は10数種類あるが全て測定する必要はなく中でも注意する項目は数種類程度です。星印の少ないものは一応参考がてらに・・・

ペーハー(ph)

【計測目的】ペーハーの値によって中性、アルカリ性、酸性を判断する。
【反応物質】水素イオン
【推奨値】7.5ph以上が理想
【重要度】★★★★★ (慣れてきても最低限週1のチェックが必要ウナギの動きで感じれる

酸素(O2)

【計測目的】溶存酸素。水中内に溶け込んでいないと、好気性細菌、ウナギ、が酸欠状態になり為一定量必要でウナギがあおられていないのが前提で調整する。
【反応物質】酸素
【推奨値】6.5~7以上
酸欠に陥った場合、ウナギだけでなく、濾過槽の水槽内のバクテリアにもダメージを与えるエアレーションや給水口を水面に向けての水流を作る事で水面を揺らし自然に酸素を溶け込ます。
適量以上のCO2添加により、水中の酸素量が不足し酸欠に陥ることがあるまたバクテリアや乳酸菌・ビフィビス菌など菌類も酸素を必要とするので注意が必要
【重要度】★★★★★ (常時目視で解る様になる必要がある)

塩素(Cl) / 残留塩素(ClO)

【計測目的】水道水に含まれている物質でウナギ、バクテリアに害を与える。いわゆるカルキで特にバクテリアへのダメージが致命的カルキ抜きや浄水器を用いる。新水で鼻上げをするのは塩素が含んでいる事が多く浄水器のチェックが必要。直ぐに対応しなければならない為カルキ抜きは養殖場に常備して置く事を進める。
【反応物質】塩素
【推奨値】0mg/L
水道水に殺菌目的で含まれているプールの臭いの元 塩素はウナギ、特にバクテリアへのダメージが大きい、塩素の抜き忘れには注意が必要で一度バクテリアが死滅すると、死骸が浮遊し、水の濁りの原因となる上、再度バクテリアを繁殖させる必要が有るため、塩素抜きは完璧にする。塩素抜きを忘れると鼻上げをする為塩素を除去し池入れ時の乳酸菌を入れて中和させる事で鼻上げがおさまる。
濾過槽の清掃時ろ材を完璧に洗ってしまうと大切なバクテリアまで流してしまうこととなる。こうなると水作りが降り出しに戻る為 大変面倒な事になる。ろ材の清掃は一部で良いまた濾過槽に溜まっているヘドロで黒いヘドロは嫌気性バクテリアで有りこの場合は全て洗い流して良い・・・一旦リセットした方が早い 逆に茶色いバクテリアは好気性バクテリアな為ろ材は洗うにしても濾過槽に溜まったバクテリアは流してはいけない。
次に病鰻が頻繁に発生する濾過槽は一旦クリアにしなければならない クリアの方法としては洗濯で用いられる漂白剤ブリーチやキッチンハイターなどを使用する。
先ず塩素の強烈な臭いがする位入れエアーレーションをする役10日から2週間放置した後に残留塩素を測定する。残留塩素が無くなればクリアーの完了で生体を入れれる様になる。
【重要度】★★★★★ (入っていてはならない物質・人的ミス)

アンモニア(NH3/NH4)

【計測目的】アンモニアは生体に有害検出されない環境をつくる必要性大。
【反応物質】アンモニウムイオン
【推奨値】0mg/L
毒性が強く、アンモニアが蓄積するとウナギは生きられません。普通は立上げ初期に発生し、水の出来る目安となるひとつの数値で新しい場所で始める時は特に注意して確認する必要あり。立ち上げ時以外で検出された場合は換水率を上げる。
【重要度】★★★★★ (通常の動きでない時)

亜硝酸(NO2)

【計測目的】亜硝酸はアンモニウム同様強い毒素検出されない環境を作る。水が出来ていればあまり気にしなくて良い。
【反応物質】亜硝酸イオン
【推奨値】0mg/L
アンモニア同様、生体に有害な毒素で硝化バクテリアの働きにより硝酸になる。立ち上げ時に発生し、水槽立ち上げの目安となる数値で有り立ち上げ時以外で検出された場合は換水率を上げる。
上昇させる要因 糞や食べ残しの放置 低下させる要因 バクテリアの硝化
【重要度】★★★★★ (立上時 特に注意)

硝酸(NO3)

【計測目的】硝化の最終段階で生産される物質で 毒性は弱いが多くなれば生体に影響を与える上、窒素分がコケを繁殖させる為水換えにより排出出来る。
【反応物質】硝酸イオン
【推奨値】0?25mg/L
バクテリアが行う、硝化の最後にできる物質で有り毒性はアンモニア、亜硝酸に比べ弱いが、蓄積すると生体に影響を及ぼす。また、窒素分を多く含むため、多いとコケの発生原因となる。
主に立ち上げ時に硝酸が検出され始めたら立ち上げ終了の目安となりコケの原因となるもので、硝酸の量を測定することで水換えのタイミングの目安にもなる。
上昇させる要因 糞や食べ残しの放置 低下させる要因 バクテリアの硝化
【重要度】★★☆☆☆

リン酸(PO4)

【計測目的】(リン、窒素、カリウム)の一つ。多すぎるとコケ(特に紅藻類)の大繁殖につながり多すぎず、少なすぎずの調整が必要で有る。
【反応物質】リン酸塩
【推奨値】1mg/L以下
餌などに含まれるタンパク質をバクテリアが分解することにより発生しリン酸には「リン」と「窒素」が含まれ硝酸同様コケの原因となる。一般的に、リン酸は水槽内で過剰供給気味であることが多いため、吸着剤を使用しても水槽内の栄養素が枯渇するといったことは起こりにくい。水換えにより薄める「還水率を上げる」ことが必要となり、そのタイミング見極めの目安とする。
水替えが最も一般的な方法で有るがリン酸は水槽環境によっては過剰供給になりがちな為通常の水換えでは間に合わない場合もある。
対策はリン酸を吸着する物質を水槽内に入れる方法で最も安価な方法は鉄クギを水槽内に入れる。鉄釘の三価鉄がリン酸と結びつきリン酸鉄にする。
上昇させる要因 糞や食べ残しの放置 低下させる要因 バクテリアの硝化
【重要度】★☆☆☆☆

炭酸塩硬度(KH)

【計測目的】アルカリ度。phを下げやすい環境かどうかを判断する。
【反応物質】炭酸水素イオン(HCO3-)に結びつくカルシウムイオン(Ca2+)とマグネシウムイオン(Mg2+)の総量
※ただし養殖では上記以外のイオンも含めて測定されることが多い。その為養殖のKHは一般的な炭酸塩硬度を計測しているのではなくそれとは別物の「アルカリ度」を計測していると言われる事が多い「炭酸塩硬度」or「アルカリ度」と考えて良い。phを下げる事はないので気にする事はない。
【反応物質】炭酸水素イオン(HCO3-)に結びつく炭酸水素カルシウム(Ca2+)と炭酸水素マグネシウム(Mg2+)、炭酸水素ナトリウム
炭酸水素イオン(HCO3-)に結びつく炭酸水素カルシウム(Ca2+)と炭酸水素マグネシウム(Mg2+)の総量
※ただし養殖では上記以外のイオン(炭酸水素ナトリウム)も含めて測定されることが多いそのため、養殖のKHは一般的な炭酸塩硬度を計測しているわけではなく、それとは別物の「アルカリ度」を計測していることが多いく「炭酸塩硬度」を「アルカリ度」として考える。
アルカリ性にする必要がある養鰻池では重要視されるが非常に理解出来にくい為簡単に説明する。
炭酸塩硬度(アルカリ度)とはphが下がらないような働きをどれくらいする水質か(緩衝力がどれくらい強いか)という事で具体的に言うと
・kh値が高い→phが下がりにくい水質
・kh値が低い→phが下がりやすい水質となる
KH値が低い場合、「CO2添加時には少しの添加でもすぐにphが下がり(酸性に傾く)、CO2が抜けた時にはすぐにphが戻る(中性に戻る)」という乱高下をしてしまう。
ウナギはphの急激な変動はストレスやダメージになり出来る限りphの変動がない(緩やか)であるほうが理想で温度の変化と同等と考える事。
水槽環境が変化が少ない環境かどうかを測る指標と言っても過言ではない。(水道水:kh2?3°dH程度)
濾材にはカルシウムやマグネシウムを吸着する機能が備わり。濾材が水を弱酸性にするのは理解出来ていると思いますが「濾材がマグネシウム、カルシウムを吸着」→「kh値が下がる」→「ph値が下がる」作用です。バクテリアの硝化により炭酸水素イオンは徐々に減る。基本的に水槽内でCO2添加しているとkhは低下する。そのため水換えをすれば水道水のkh(2前後)に戻る。
上昇させる要因 糞や食べ残しの放置 低下させる要因 バクテリアの硝化
【重要度】☆☆☆☆☆

総硬度(GH)

【計測目的】養殖では気にしない。
【反応物質】硬度物質(カルシウムイオンとマグネシウムイオン)の総量
炭酸塩硬度(炭酸水素イオンに結びつくカルシウムイオンとマグネシウムイオン)に、炭酸水素イオン以外と結びついているカルシウムイオンとマグネシウムイオンをすべて足したものの総合計を言う。この数値が高いと「硬水」、低いと「軟水」と呼び日本の水道水は「軟水」です。
石を入れればそこからカルシウム、マグネシウムが溶け出し、硬度が上昇しCO2を添加すると石から硬度物質が溶け出し、硬度がさらに上昇する。
【重要度】☆☆☆☆☆

鉄(Fe)

【計測目的】養殖では気にしない。
【反応物質】鉄分
【重要度】☆☆☆☆☆

二酸化炭素CO2

【計測目的】養殖では気にしない。 
【反応物質】二酸化炭素
【重要度】☆☆☆☆☆

PHの目安

PH値性質備考
~3.0酸性塩酸・食酢レベル
3.0~6.0弱酸性炭酸水レベル
6.0~8.0中性ウナギの養殖に適している
8.0~11.0弱アルカリ性重曹レベル
11.0~14.0アルカリ性水酸化ナトリウムレベル
  • ph値の調整剤もあり液体や粉末と色々なタイプがあるが一時的にph値を変化させるだけで水槽内でph値がおかしくなった場合はその原因を突き止めて対処をする必要がある。
  • 二酸化炭素(CO2)を水中に溶けこませると酸性に傾く
  • バクテリアが硝化(アンモニアを無害なものに分解する働き)により生産される、硝酸や亜硝酸が水槽内に貯まると酸性に傾く
  • カキ殻や骨サンゴを入れる又は増やす事により貝殻からでる炭酸カルシウムによって弱アルカリに傾く
  • エアレーションにより、水中のCO2が抜ける分、中性(アルカリ性側)に傾くがアルカリにずっと傾き続けるわけではない
    外気と釣り合った時点で性質変化が終わり中性くらいで止まる。